沖縄

沖縄県立北部病院

沖縄県立北部病院は、地域の方に頼られる病院を担えるよう、近接性を大事にした医療を提供しています。看護部は、217人のナースがいます。ブランクがあったナースも新人ナースもひたむきに看護をしています。臨床研修病院指定/救急病院の指定の指定を受けており、指定を受けた病院として機能を背負っています。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターには内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/リウマチ科/感染症内科/小児科/精神科/外科/呼吸器外科/循環器外科(心臓・血管外科)/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/病理診断科/救急科/歯科口腔外科が設けられており、地域に必要とされる医療活動を届けています。日本医療機能評価機構による医療評価を受けていません。医療の質がある治療を目標としています。

沖縄県立中部病院

沖縄県立中部病院の病床は550床完備されています。治療が必須な患者が十分な医療を受診できるよう、最善を尽くしています。看護体系は7:1を導入し、籍を置く看護師が無理なく働ける勤務体制への考慮があります。

中部徳洲会病院

中部徳洲会病院には内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/小児外科/皮膚科/泌尿器科/性病科/肛門科/眼科/耳鼻咽喉科/気管食道科/放射線科/麻酔科/歯科口腔外科/歯科/産婦人科/リハビリテーション科 があります。地域の住民の為の医療に努めています。効率のよいチームナーシングを採用しており、看護師の観察力を有効的に考えた見落としのない看護を実行しています。保健医療指定病院/臨床研修指定病院/救急告示病院/集団給食施設/母体保護法指定病院/未熟児養育医療機関指定病院/養育医療指定病院/被爆者一般疾病指定病院/生活保護法指定病院/結核予防法指定病院/特定疾患指定病院/小児慢性疾患指定病院/労災保険指定医療機関の指定病院/労災保険二次健診等給付指定病院/沖縄県マンモフラフィ検診一次検診医療機関/更正医療指定病院/沖縄県マンモフラフィ検診二次検診医療機関(腎臓に関する医療、心臓脈管外科に関する医療、整形外科に関する医療、歯科口腔外科に関する医療)の認定があります。指定される医療を実施しています。