北海道

北海道がんセンター

北海道がんセンターのベッドは520床設置されています。治療希望の患者が満足のいく看護を受けられるよう、ベストを尽くしています。北海道がんセンター内の看護師は321名、籍を置いており、緊張感がある病院内でも会話の多いナースステーション作りを実施しています。子どもがいる看護師が欠かせない託児所情報については、託児所はあります。研修など、それ以外の情報も検索してみましょう。

留萌市立病院

留萌市立病院のベッドは354床設けられています。治療を目的とした患者が満足のいく医療を受けられるよう、最大限尽くしています。外来患者の数は571.1名います。外来ではフットワークのある看護を志しています。

北海道立子ども総合医療・療育センター

北海道立子ども総合医療・療育センターの診療科は循環器内科/小児科/精神科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科あります。外来の患者へ正確で丁寧な看護を行っています。ナースは無理のない3交替/2交替で勤務しており、子育てと仕事の両立を考え、ナース同士のチームワークも忘れません。保育施設はありません。子どものいる看護師は、周りの託児所情報に関しても調べてみましょう。

美瑛町立病院

美瑛町立病院では、地域の方に信頼される病院を志し、近接性に着目した治療を実行しています。美瑛町立病院の看護師は36名、籍を置いており、緊張した医療の現場でも心の通う環境作りを心がけています。ママ看護師が重要とする託児所に関してですが、託児所はありません。夜勤シフトの相談など、これ以外の支援情報もチェックしてみましょう。

町立下川病院

町立下川病院のベッドは42床あり、治療を求める患者が十分な医療に出会えるよう、ベストを尽くしています。日本医療機能評価機構の医療評価を受けています。日々、医療の質を高められるよう、医療スタッフが皆、良質な医療を届けています。

砂川市立病院

砂川市立病院は、北海道砂川市西4条北3丁目1番1号に置かれています。看護部では、認定看護師が18名います。専門の治療と看護スキルを得た看護師と一緒に仕事ができます。1日の入院する患者さんは394.1人おります。急な入院に対しても手厚い対応を考えています。

市立函館病院

市立函館病院には内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/血液内科/皮膚科/リウマチ科/小児科/精神科/外科/呼吸器外科/循環器外科(心臓・血管外科)/乳腺外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/矯正歯科/歯科口腔外科があります。入院患者は560名います。急を要する入院にも手厚い対応を目指しています。

市立釧路国民健康保険阿寒病院

市立釧路国民健康保険阿寒病院は、北海道釧路市阿寒町中央1丁目7番8号に位置し、診療科目は、内科/形成外科/呼吸器外科/性病科/産科です。医療を求める患者に適当な治療を目指しています。看護師は12人働いており、業務が支障なく成り立つよう、看護師のチームワークは良いです。

島牧診療所

島牧診療所に病床は6床設けられており、入院している患者さんの心配も配慮した看護に当っています。看護部では、1人のナースが活躍しており、ブランクがあったナースを始めとし看護歴の短いナースも全力を尽くして仕事に就いています。日本医療機能評価機構からの評価を受けています。日々、看護の質を高められるよう、職員全員で質を上げた医療を届けています。

上ノ国町立石崎診療所

上ノ国町立石崎診療所の診療科目は内科/リウマチ科/形成外科/呼吸器外科/性病科/産科設置されており、外来に訪れる患者に対し、ミスのない手厚い看護を行っています。日本医療機能評価機構による医療評価を受けています。毎日、医療の質を高め、医師、看護師共に、質のある医療に励んでいます。

雄武町国民健康保険病院

雄武町国民健康保険病院は、近隣住民に頼られる病院を志し、近接性を大事にした治療を提供しています。看護部では、14名のナースが看護しています。患者1人1人側に立った真摯的で、十分な看護活動を大切にしています。

岩見沢市立総合病院

岩見沢市立総合病院では372名の職員が勤めています。周辺の医療施設と共同し、一層良い医療を進めています。看護部では、301人の看護師がおります。ブランクのある看護師や新人ナースも力を生かして看護に努めています。1日に入院する患者数は433.1名あり、入院患者のQOLの向上を考慮した看護を執り行います。

釧路ろうさい病院

北海道内の釧路ろうさい病院の職員数は、約540人働いています。診療は、内科/精神保健科(休診中)/神経内科/循環器科/小児科(休診中)/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/皮膚科(休診中)/泌尿器科/婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科口腔外科/消化器病センター/中央検査科(病理診断)/働く女性のための外来/禁煙外来/緩和ケア外来/睡眠時無呼吸外来/フットケア外来になります。患者が必要とする治療を心がけています。看護方式はメリットの多い固定チーム継続受け持ち制を取り入れています。看護師は無理がなく、患者さんには質を重視した医療を届けられるような体制を志しています。0などの先進医療を実施しており、職員や病院内の整備にも徹底しています。

北海道中央労災病院せき損センター

北海道中央労災病院せき損センターには内科/循環器内科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/リハビリテーション科/麻酔科/歯科があります。地域の為の医療に勤しんでいます。看護師に無理のない10:1を取り入れ、看護師長から新人看護師は協力し合った看護を進めています。日本循環器学会専門医研修関連施設/日本外科学会専門医制度関連施設/日本整形外科学会専門医制度研修施設の認定があります。認定を受けた医療を進めています。

斗南病院

斗南病院のベッドは243床あり、治療希望の患者が満足のいく医療に当れるよう、ベストを尽くしています。看護部では、認定看護師は6名おります。専門医療に関する勉強意欲を有するナースが多数勤務します。内視鏡的大腸粘膜下層剥離術が実施されており、医師、看護師など職員の連携で、最先端の医療を活用した診療を行っています。

北斗病院

北斗病院の診療科目は、内科/消化器内科/歯科/消化器外科/神経内科/歯科口腔外科/病理診断科/麻酔科/核医学診断科/放射線治療科/眼科/耳鼻咽喉科・頭頸部外科/形成外科 で、病床は400床で、心の通った看護を進めています。家庭を持つ看護師に欠かせない保育施設はあります。近くの保育所についても共にチェックしてみましょう。オーバーワークしない10:1を活用しており、看護師長から新人看護師はチームワークを重視した看護に励んでいます。

手稲渓仁会病院

手稲渓仁会病院は、北海道札幌市手稲区前田1条12丁目1−40に開院しており、診療科目は、総合内科・感染症科/リウマチ科/血液内科/精神保健科/呼吸器内科/消化器内科/腎臓内科/小児科/外科/呼吸器外科/消化器外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/産科/婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/頭頸部外科/放射線診断科/放射線治療科/麻酔科/救急科/病理診断科/歯科口腔外科/小児歯科 が設けられています。患者1人1人に適した治療を目指しています。看護部では、600名のナースが看護しています。患者を考えた温かく、十分な看護を大切にしています。インプラント義歯/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/経皮的肺がんラジオ波焼灼療法 原発性又は転移性肺がん(切除が困難なものに限る。)/CT透視ガイド下経皮的骨腫瘍ラジオ波焼灼療法 転移性骨腫瘍(既存の治療法により制御不良なものに限る。)又は類骨腫(診断が確定したものに限る。)といった先進医療を執り行っており、院内のスタッフや医療機器の治験の整備に関しても徹底しています。

国立病院機構北海道がんセンター

国立病院機構北海道がんセンターのベッドは520床あります。治療を目的とした患者が十分な看護を提供されるよう、ベストを尽くしています。看護部は働く看護師に合わせた3交替または2交替を導入しており、看護師が働きやすい病院作りにあたっています。託児所はあります。家庭のあるナースは、病院付近の託児所情報も調べてみましょう。

札幌徳洲会病院

札幌徳洲会病院の病床数は301床あります。看護師と患者との思いやった会話を重要視する医療施設です。入院患者は260名おり、救急の入院にも丁寧な対応を目指しています。看護部では、通院、入院を希望する方への十分な治療が実施できるよう、7:1を採用しています。

道南ロイヤル病院

道南ロイヤル病院は、地域住民に頼りにされる病院を目指し、近接性に着目した活動を実施しています。家庭を持つ看護師に不可欠な託児所はあります。近隣の保育所情報も一緒に確かめてみましょう。

北見赤十字病院

北見赤十字病院の病床数は680床です。入院している患者やその家族の不安も案じた看護を推し進めています。看護部では、495名の看護師が活動しており、患者の気持ちを考えた真摯的で、十分な看護活動を目指します。

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学附属病院の病床は938床設けられています。治療を目的とした患者が十分な医療を見つけられるよう最大限尽くしています。(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定を推し進めています。最先医療に対して不可欠な医療を行っています。